思い立ったら即出発。予約も時間も気にせず行動。予定に追われず気の向くままのスローライフ。P泊テクニックと車旅行情報。

車中泊EXPRESS

車さえあればどこでもマイカーstay。車中泊旅行総合情報

どこでも扇風機:車中泊での工夫・アイデア・グッズ

標高が高い場所なら気温が低いことはわかっていても、夏の車中泊場所が限定されるのは何かと不都合な時があります。

あくまでも車中泊は手段であって、目的ではありません。目的地である行きたい場所の近くに標高を稼げる車中泊適地が見つからなければ、諦めるか無理するかしかなくなります。

そこをなんとか解決できないかと考えたのが扇風機。

USB扇風機にモバイルバッテリーを組み合わせたら使えるんじゃないかと。しかし色々調べてみると、問題になるのがパワー不足。USB扇風機ではどうやら役に立たなそうでした。そうやってあれこれ探しているうちに見つけたのが、ロゴスどこでも扇風機。値段も手頃な乾電池式の扇風機です。

昨年の夏から導入してみました。単一電池が8本必要です。さすがに単一を8本×予備分を用意するのはなかなかの嵩張り。100円ショップで単三-単一アダプタを買って、単三エネループで運用することにします。

パワーはそこそこあり、車中泊なら充分。若干音はしますが、低音なので気になるほどではありません。今までの車中泊限界温度だった23度を超えても快適に眠る事ができました。しかし去年は冷夏で猛暑日も少なくて限界温度を試す事はできず、逆に朝方の冷え込みが問題に。そう、やはり手頃な価格のためか、タイマーが付いてない事がネックです。2時間後くらいにオフできる程度の簡単なタイマーでいいから付いていれば完璧だったのですが、現状では風邪をひいてしまう危険があり、一度起きて電源を切らなくてはなりません。タイマーの部品を探して改造しようかとも思いましたが、交流タイマーは安いけど生憎と直流タイマーは結構な値段の物しか見つけられず、諦めました。暑い日にはかなり有効な扇風機なのでなんとかしたい所なんですが...。

金に糸目をつけないなら、バルミューダ GreenFan miniというのもあります。本来家庭用の扇風機ですが、オプションのバッテリーパックを追加すればコードレスで使用できる物です。家庭用だけにパワーは問題ないでしょうし、切タイマーももちろんあります。静音性も問題なし。ただ、大きさがちょっとネックだし、車中泊ではうまく固定しないと倒れてしまいそうですが。

2015年5月 3日