思い立ったら即出発。車中泊なら予約も時間も気にせず行動。予定に追われず気の向くままのスローライフ。

車中泊EXPRESS

車さえあればどこでもマイカーstay。車中泊旅行総合情報

道の駅・SAPA・車中泊場所マップの使い方

トップ » 道の駅・SAPA・車中泊場所マップの使い方

【道の駅・SAPA・車中泊場所マップの概要】

道の駅、高速道路のSAPA、その他車中泊に適した駐車場をGoogleMapsにマッピングし、車中泊旅行の計画をサポートする車中泊場所マップです。

【推奨環境】

ブラウザ:Internet Explorer 9以上、Safari6以上

PCディスプレイ:1024×768(XGA)以上の解像度

スマートフォン・タブレット:iPhone4S以降、iPad 第4世代以降(Androidは未検証)

ネットワーク:ブロードバンド環境、LTE

【使い方】

この地図はGoogleMaps API v3を使用して作成してありますので、基本的な地図の操作方法はGoogleMapsに準じます。

地図の状態を記憶するためにクッキーを利用しています。ブラウザの終了時にクッキーを保存しない設定にしていると、次回起動時には全ての値がデフォルト値になります。また、別のPCまたはブラウザを変えた場合には値は引き継がれません。地図が表示されない等の異常があった場合、クッキーを消去すると正常に戻る可能性があります。

住所検索

  

テキストエリアに検索したい住所を入力して検索ボタンをクリックすると、該当する住所にマーカーが表示されます。検索結果は複数の場合もあります。リセットボタンを押すとテキストエリア内を初期化すると同時に、検索結果のマーカーを全て消去します。また、ルート検索マーカーと結果も消去されます。

Nxx.xxxxxxExxx.xxxxxxの形式で緯度経度を検索すると、指定座標にセンタリングされ、右クリックと同じ情報ウインドウが表示されます。検索できる緯度経度はおおよそ日本国内の範囲に限ります。

URLパラメタでの呼び出しも可能です。
http://syahak.tvlplus.net/map/pamap.php?q=Nxx.xxxxxxExxx.xxxxxx
で緯度経度検索、
http://syahak.tvlplus.net/map/pamap.php?q=住所
で住所検索となります。

現在地情報を使用(スマホ・タブレットは「GPS」)

現在位置情報取得APIが実装されているブラウザでは、車中泊マップ起動時に位置情報が取得できるか確認しているため、「"http://syahak.tvlplus.net"は現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」というような警告メッセージが出ます。現在位置を使用することが無い場合など、 位置情報を使用 のチェックを外すと以後の警告メッセージは出ません。なお、位置情報の取得に失敗すると自動的にチェックは外れます。取得した位置情報はクライアント上でマップのセンタリング及び経路検索にのみ使用しているだけで、syahak.tvlplus.netで情報を保管するようなことはしていません。

最後の状態を記憶(PCのみ)

最後の状態を記憶 をチェックした状態で地図ウインドウを閉じる時、最後に表示していた中心位置、ズームレベル、道の駅と高速SAPAの表示有無、ユーザー追加マーカーを記憶し、次回ウインドウを開いた時にその状態が復元されます。チェックを外した状態でウインドウを閉じると全ての状態がデフォルトに戻ります。なお、ウインドウサイズは記憶されません。スマートフォンやモバイル端末では最後の状態を記憶しない設定にはできません。もし次回起動時に状態を引き継ぎたくなければ、ブラウザの設定でクッキーを削除して下さい。

中心座標表示(PCのみ)

をクリックすると、現在表示している中心部の緯度経度および標高がプロンプトに表示されます。

現在地表示

マップ下部左側の をクリックすると、位置情報を取得して現在位置をマップの中心に表示します。現在位置には アイコンが表示されます。GPS精度が中心を囲むブルーのサークルで表示されます。一度目のクリックで10秒間 になりますが、その間にもう一度クリックすると に変化し、現在地追尾モードとなり連続的に自位置を取得し続けます。 の時にクリックするかマップをドラッグ等すると追尾モードは解除されます。なお、ルート検索時に連続追尾モードにしても連続的にルートを検索し直す事はしておりません。自位置からのルートを検索し直したい場合には一度連続追尾モードをを切って改めて現在地表示し直して下さい。

位置情報ウインドウ

地図上の任意の場所で右クリック(PC)・1秒以上長押し(スマホ・タブレット)すると、その地点の緯度経度および標高の記載された情報ウインドウが開きます。

位置情報ウインドウにはルート検索マーカーおよび追加マーカーの設置リンクがあり、位置情報ウインドウからルート検索マーカーあるいは追加マーカーを設置することができます。

ルート検索

地図上の任意の場所を1秒以上長押しクリック(スマホ・タブレットの場合は1秒以上長押しで情報ウインドウが開きます)すると、ルート検索マーカーがクリック位置に設置されます。また、ルート検索マーカーを1秒以上長押しすればそのマーカーを消すことができます。起点と終点のふたつが揃うと検索ルートが表示されます。ルート検索マーカーは道の駅やSAPAマーカーの情報ウインドウの「ルート」をクリックすることによっても設定できます。マーカーは設置の順に、出発地→目的地と設定されます。

三つ目のマーカーを設置しようとした場合には目的地マーカーが置き換えられます。一つ以上のルート検索マーカーを設置した後に をクリックして現在地を表示すると、現在地にルート検索マーカーが設置されます。現在地は常に出発地として設置されます。

ルート検索マーカーを設置すると、下部余白にというようにアイコンが表示されます。目的地出発地はの向きで確認できます。をクリックすると向きが変わり、目的地と出発地が入れ替わります。これにより現在地も目的地にすることが可能です。およびアイコンをクリックすると、地図はそのマーカー地点に移動します。

ルート検索マーカー及び検索結果を消去する場合は、住所検索テキストエリアの横にあるリセットボタンを押して下さい。

高速除外 にチェックを入れると、高速を含まないルート検索を行います。スマートフォンにはこのチェックボックスは表示されませんが、ルート検索を行うと表示される距離と時間の表示上をタップするごとに、高速を除外した検索と高速を含む検索が入れ替わります。

道の駅・高速SAPAマーカー表示コントロール(PC・タブレットのみ)

道の駅   高速SAPA はチェックされていればそれぞれのマーカーが地図上に表示されます。地図の表示速度が遅い場合などは、必要ない方のチェックを外すと多少動作が早くなるかもしれません。タブレットを縦にすると情報表示領域確保のため非表示になります。

その他スポット情報ウインドウ

「▼その他スポット」(スマホは「▼スポット」)をクリックすると、道の駅と高速SAPA以外のスポット情報を選択して表示することができます。スポット情報は追加登録することが可能です。位置情報ファイルはGoogleMapsで読み込めるKML、またはKMZファイルです。WEBサーバにアップロードしてあることが必要です。登録に際して、全ての人が閲覧できるようにする共有モードと、ご自身のみが閲覧可能なプライベートモードを選ぶことができます。→車中泊場所マップ追加スポット登録・削除・編集ページ

追加マーカー

「▼追加マーカーリスト」(スマホは「▼追加M」)をクリックすると、任意に追加したマーカーの一覧を見ることができます。追加マーカーとはユーザーが地図上の任意の場所に打てるマーカーです。Alt(macの場合はoption)を押しながら地図上をクリックするとその場所にマーカーが追加されます(スマホ・タブレットは1秒以上長押しで位置情報ウインドウが表示されます)。Altを押しながら既に追加されているマーカー上をクリックするかまたは追加マーカーを長押しするとそのマーカーは削除されます。最大30件(スマホは最大15件)のマーカーを追加できます。

マーカーをシングルクリックするとマーカーのインフォメーションウインドウが表示されます。インフォメーションウインドウの内容は変更することができます。但し、長い文字の入力は想定しておりません。クッキー長の制限により1マーカーにつき全角13文字程度に収めると30件分全て登録できます。全追加マーカーでの合計がクッキー長の制限を超えてしまうとブラウザによって超えた分は破棄されてしまいます。htmlタグの入力はできません。もし何かしら動作がおかしくなった場合、ブラウザのクッキーを削除すれば初期状態の地図を開けますが、地図の状態が全てクリアされる他、その他スポットを登録していた場合にその編集ができなくなります。追加マーカーのテキストのみ選択的に削除する場合、"SMKST"という名称のクッキーを削除して下さい。

をクリックし、確認画面でOKを選択すると追加した全てのマーカーが削除されます。

ウインドウサイズの記憶(PCのみ)

をクリックすると、その時点でのウインドウサイズを記憶し、次回ウインドウを開いた特にそのウインドウサイズで開かれます。但し、このサイト内のページにある「車中泊場所マップ」リンクから開いた場合のみで、ブックマークなどから直接地図ページを開いた場合にはウインドウサイズは復元されません。

スマートフォンなど狭幅画面での動作

スマートフォンなど画面が狭いディスプレイでは、横位置にした時は全てのコントロールが非表示となり地図を全画面で表示します。具体的にはブラウザのコントロールを除いた高さ300pxがトリガーとなっております。

追加マーカー・マップ設定のバックアップ

車中泊場所マップでは追加マーカーを始め各種設定をクッキーに保存しています。そのため、OS再インストールやPCの買い替えで全ての設定が失われてしまいます。バックアップツールページにおいてクッキーの内容をバックアップできるようにしてありますので、設定を引き継ぎたい場合にご活用下さい。また、このページでは追加マーカーをkml形式で書き出すことができます。

既知の問題

ルート検索マーカー及び追加マーカーに関してはドラッグ可能になっていますが、ドラッグした時まれにマーカーが消える現象が起きております。実際にはマーカーは設置されており、マーカー画像だけ描画されない状態なので、見えないマーカーをドラッグすることは可能です。Safari固有の問題のようです。対策は試してみましたが、今のところ有効な解決策は見つかっておりません。見えないマーカーをドラッグしたり地図のセンターやズームレベルを変更すると再描画される場合があります。それでも描画されない場合は、ルート検索マーカーはリセットしてマーカーを再設置、追加マーカーは車中泊場所マップを終了し再度開き直して下さい。