思い立ったら即出発。車中泊なら予約も時間も気にせず行動。予定に追われず気の向くままのスローライフ。

車中泊EXPRESS

車さえあればどこでもマイカーstay。車中泊旅行総合情報

ドライブPマップの使い方

トップ » drivePマップの使い方

【drivePマップ(v1.2以降)の概要】

道の駅、高速道路のSAPA、その他ドライブ旅行中に仮眠ができる駐車場をGoogleMaps上にマッピングし、長距離ドライブ旅行の計画をアシストする駐車場マップです。

基本的に24時間トイレ利用可能な駐車場なので、長距離ドライブの疲れを取る為の休憩・仮眠場所を探せます。早朝から活動する登山やスキー、温泉めぐり、高速を使わず下道で長距離移動する場合などに活用できると思います。車中泊向けには全国のRVパークや有料で車中泊を許可する民間の駐車場、日帰り入浴施設の情報もあります。

道の駅・SAPAでの車中泊について

道の駅はドライバーの為の休憩施設ではありますが、前提として宿泊目的の駐車場利用は認められていません。SAPAも同様です。交通安全のための仮眠はOKですが、長時間滞在や炊事洗濯などキャンプ行為など、宿泊に準ずる行為はできません。例外的に車中泊歓迎を謳う道の駅もありますが、原則的には隣接のオートキャンプ場やRVパークなど、車中泊が許可されている施設をご利用下さい。

車中泊禁止の看板がある道の駅などの情報も注意事項ありとしておりますが、他が車中泊可能ということではなく、禁止を明言している施設では車中泊者のマナー等に苦慮しているか、あるいは駐車場のキャパシティを越えて混雑する施設と思われ、やむを得ない場合以外は仮眠であってもできるなら避けた方が無難かも、ということで掲載しております。

【マップの使い方】

この地図はGoogle Maps SDK for iOSを使用して作成してありますので、基本的な地図の操作方法はGoogleMapsに準じます。

バージョン1.1との違い

  • 地図エンジンをGoogleMaps Javascript API v3からGoogle Maps SDK for iOSに変更しました。これにより地図の描画が安定・高速になりました。但し、APIの違いからいくつか操作性が変更となります。
  • 地図表示が安定したため、リセットボタンは廃止しました。自車位置は標準で常に表示されています。
  • SDKの制限のため、情報ウインドウが複数同時に開けなくなりました。
  • 情報ウインドウ内の情報を最低限に変更し、情報ウインドウをタップすると開くモーダルウインドウで、より詳細な情報を確認できるようにしました。
  • 長押しとマーカーの移動のイベントが競合してしまうため、長押しでマーカーを追加できなくなりました。代わりにツールバーの「マーカー」から地図の中心部に追加できます。
  • 追加マーカーの色を6色の中から選択できるようにしました。グループ分けにご利用下さい。
  • 地図の設定で、表示/非表示のマーカーをより細かく設定できるようにしました。
  • 休業中の道の駅、オープン前の道の駅も地図に表示できるようにしました。

ツールバー

  • :現在地表示ボタン(2度押しで追尾モード)
  • :マーカーの追加
  • :道の駅・駐車場一覧表へ切り替え
  • :マーカー表示のON/OFF等、マップに係わる設定
  • :メニュー画面(サポートへのリンク、口コミ投稿のリンク等)

情報ウインドウ

道の駅や入浴施設のアイコンをタップすると、情報ウインドウが表示されます。「>」が表示されている情報ウインドウは、さらに詳細情報があります。情報ウインドウをタップすると、モーダルウインドウが開き、詳細な情報が記載されています。

モーダルウインドウには、公式サイトへのリンク等の他に、ルート検索、ストリートビューへのボタンがあり、タップするとGoogle Mapsアプリが起動して、Google Mapsの機能としてルート検索、ストリートビューが利用できます。

Naviconへ送るボタンは、NaviConアプリを仲介して、カーナビへ位置情報をセットすることができます。

現在地表示

マップ下部ツールバーの をタップすると、位置情報を取得して現在位置をマップの中心に表示します。一度目のクリックで10秒間 になりますが、その間にもう一度クリックすると に変化し、現在地追尾モードとなり連続的に自車位置を取得し続けます。をタップするか、マップをタップまたはドラッグすると追尾モードは解除されます。

追加マーカー

ツールバーのをタップするとアクションシートが出現し、「マップの中心にマーカーを追加する」を選択すると追加マーカーの編集モーダルウインドウが現れます。タイトル編集後、「追加」するとマーカー詳細モーダルウインドウが編集モードで開きます。任意の名前を入力し、必要なら色を選択して「編集終了」をタップすると「追加」ボタンが有効になるので、「追加」ボタンをタップすれば地図上にマーカーが配置されます。選択できるマーカーの色は6色です。

マップの中心点を表示して、マーカーを正確な位置に追加することも可能です。

追加したマーカーを長押しするとマーカーが浮き上がり、移動することができます。

マーカー情報モーダルウインドウからは、Google Mapsを利用したルート検索やストリートビューの閲覧ができます。

現在のところ、追加できるマーカーの最大数は50個までです。

もし何かしら動作がおかしくなった場合は、マップ設定より「地図の状態を初期値へ戻す」「追加マーカー全削除」を試してみてください。

マップ設定画面

マップ画面のボトムにあるツールバーのよりマップの表示設定ができます。

  • 「マーカーの表示」:道の駅・その他パーキング・SAPA・入浴施設それぞれのマーカーをマップ上に表示するか選択できます。
  • 「追尾モード時のスリープ」:現在地を追尾するモード()の時、デバイスのスリープを抑制することができます。10分〜最長60分までスリープしない時間を選択できます。デバイスがスリープしたら追尾モードは解除されます。
  • 「地図の状態を初期値へ戻す」:マップの動きがおかしくなった時など、初期化すると正常に戻るかもしれません。具体的には、マーカーの表示設定、地図部品の表示設定、マップの中心座標を初期値に戻し、マップをリロードします。追加マーカーは消えません。
  • 「追加マーカーの全削除」:追加マーカーをまとめて削除することができます。

v1.3以降

  • 「データの更新をチェック」:最新データが公開されている場合には、マップ画面のツールバーのマップ設定アイコンに赤い「New」マークで通知されます。マップ設定画面の「データの更新をチェック」をタップすると、新しいデータがある場合にはメッセージが’表示され、「はい」を選択すると最新のデータをネットワークからダウンロードし更新します。

アイコンの説明

【施設種類】
  • :高速サービスエリア
  • :高速サービスエリア(上り線)
  • :高速サービスエリア(下り線)
  • :高速パーキングエリア
  • :高速パーキングエリア(上り線)
  • :高速パーキングエリア(下り線)
  • :道の駅
  • :道の駅(駐車場利用に関して注意事項あり)
  • :道の駅(休業中・オープン前)
  • :公共駐車場
  • :公共駐車場(駐車場利用に関して注意事項あり)
  • :有料で車中泊可駐車場(ユーザー投稿)
  • :RVパーク
  • :日帰り入浴施設
【設備】
  • :レストラン
  • :軽食・喫茶
  • :コンビニエンスストア
  • :コンビニエンスストア(24時間営業)
  • :シャワー
  • :入浴施設
  • :ウォシュレット
  • :無線LAN
  • :EV充電器
  • :特産物販売所・ショップ
  • :公園
  • :障害者用トイレ
【入浴施設設備】
  • :天然温泉
  • :人工温泉
  • :露天風呂
  • :サウナ
  • :岩盤浴(入館料に込み)
  • :岩盤浴(入館料と別料金)
  • :貸切内湯
  • :貸切露天風呂
  • :プール

【リストの使い方】

一覧表示画面への切り替え

マップ画面ツールバーのをタップすると、道の駅・その他パーキングの一覧表示モードに切り替わります。都道府県を選択すれば、その都道府県の道の駅およびその他パーキングが一覧で表示されます。

道の駅・その他パーキングの一覧は、標高の高さ順にソートされています。夏場の車中泊などの目安にしてください。

NaviCon連携について

NaviConは株式会社デンソーが提供している無料アプリで、対応カーナビとBluetoothで接続し、直接カーナビへ目的地を送信できるアプリです。drivePマップからNaviConへ地点情報を送ることにより、簡単に目的地をカーナビへ設定することができるようになります。

アイコンの説明

【施設種類】
  • :道の駅
  • :道の駅(駐車場利用に関して注意事項あり)
  • :道の駅(休業中・オープン前)
  • :公共駐車場
  • :公共駐車場(駐車場利用に関して注意事項あり)
  • :有料で車中泊可駐車場
  • :RVパーク
【設備】
  • :レストラン
  • :軽食・喫茶
  • :コンビニエンスストア
  • :コンビニエンスストア(24時間営業)
  • :シャワー
  • :入浴施設
  • :ウォシュレット
  • :無線LAN
【アクション】
  • :マップへ切り替えて施設の情報ウインドウ表示
  • :施設の口コミ投稿フォームへ
  • :NaviConへ位置情報を送る
  • 施設名称をタップすると、詳細情報モーダルウィンドウが開きます。

ツールバー

  • :マップへ切り替え
  • :口コミ・情報投稿フォームへ
  • :アイコンバッジのON/OFF等、リスト表示に係わる設定
  • :メニュー画面(サポートへのリンク、口コミ投稿のリンク等)

リスト設定画面

リスト画面のボトムにあるツールバーのよりリストの表示設定ができます。

  • 「アイコンにバッジを付ける」:車中泊禁止など車中泊向け注意事項がある場合に、アイコンにバッジを付けるか選択できます。バッジの必要がない場合はOFFにしてください。

【URLスキーム(v1.4以降)】

drivePマップはURLスキームによって外部から起動することができます。

「drivepmap://」

URLスキームにパラメタを与えることによって、マーカーを追加することができます。

「drivepmap:// mcolsys.com/ addmarker? lat=○○○ &lng=○○○ &name=○○○ &icon=○○○ &code=○○○」

  • 「mcolsys.com」起動元のドメインを想定しておりますが、今のところ利用しておりません。
  • 「addmarker」マーカー追加のコマンド。現在はaddmarker以外のコマンドは動作しません。
  • 「lat=」追加したいマーカーの位置情報。○○○に緯度(WGS84)を設定します。
  • 「lng=」追加したいマーカーの位置情報。○○○に経度(WGS84)を設定します。
  • 「name=」○○○に追加したいマーカーのタイトルを、URLエンコードして設定します。文字コードはUTF-8です。
  • 「icon=」○○○に「0」〜「5」の数字を設定します。マーカーの色に対応します。0〜5以外の数字や文字列を設定しても無視されます。
  • 「code=」○○○に任意のコードを指定します。既に使用済みのコードであった場合、指定コードのマーカーの情報ウィンドウが開きます。指定コードに既存がなかった場合、指定コードでマーカーを追加します。コードを適切に管理すれば同一位置にいくつもマーカーを追加するようなことがなくなります。なお、コードの検索範囲は追加マーカーに限られます。

新規にマーカーを追加する場合、最低限「lat=」と「lng=」は必須となります。追加が必要なく、既に登録済みのマーカーを参照するだけの場合には「code=」のみが必要となります。

URLスキームによるマーカーの追加は、Split ViewやSlide Overの状態でも動作します。Split Viewでwebサイトと並べて作業することが可能です。

【掲載のデータについて】

drivePマップに掲載しているデータは、施設の公式サイト・自治体のサイト・国土交通省道路局のサイトを参考にさせていただいております。しかし情報が食い違っていたり古いままだったりする場合もあります。例えばEV充電機は設置が進んでいますが、各サイトに反映されるのが遅れていると思われます。また、ウォシュレットの有無は北海道以外は情報がまとめられてないため、殆どの施設が無しになってしまっていますが正確ではありません。

もし情報に間違いがあった場合、情報を送っていただけると大変ありがたく思います。よろしくお願いいたします。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーに関してはこちらをご参照下さい。

【免責事項】

本アプリケーションに掲載したデータに関して、できるだけ最新・正確性を保つよう努力いたしますが、更新のタイミングや正確性に当方では責任を負いません。

本アプリケーションのご利用にあたり、動作の不具合、データの間違い等により損害が発生したとしても、理由のいかんを問わず当方では一切の責任を負いません。

本アプリケーション利用者は、本アプリケーションのデータと現地とで齟齬があった場合、現地の指示、規約に従うものとします。本アプリケーション利用による当該施設とのトラブルに関し、当方では一切関知いたしません。

やむを得ない事由等により、ユーザーへ事前に通知することなく、本アプリケーションおよび本サービスを変更、停止、終了することがあります。